人気の間取り ~小上がり和室~

摂津で新築・リフォームと言えばFeel+Home(フィールホーム)

小上がり和室」とは

文字通り、床面に高さを設けて小上がりになった和室のことです。
リビングの中に取り入れることが多く、空間の中に高低差が出るため奥行き感を演出できます。

段差を有効活用でき、どのようなテイストの家にもなじむため、リフォームでも新築でも導入を検討される方が増えています。

 

小上がり和室のメリット

小上がり和室がある家には、さまざまなメリットがあります。

収納が増える

小上がり和室は、段差の部分に収納を作ることができます。
適切な幅や高さを確保できれば、収納スペースを増やすことが可能です。

 

段差に座ってくつろげる

段差に腰かけてくつろげるので、ソファや椅子を減らせることで、リビングが広く見えます。
またフラットな和室と比べると、リビングやキッチンで立っているご家族と目線の高さが近くなるので、

家族のコミュニケーションにも役立ちます♪

段差を利用して、掘りごたつにすると、正座をせずに、畳も楽しむことが出来ます。

 

立体感のある空間になる

また小上がりの和室があると、部屋の中にメリハリが生まれ、立体的でおしゃれな空間になります。
スタイリッシュに仕上がりやすいことから、リフォームやリノベーションでもよく見られます。

 

リビングのゴミが入りにくい

段差がない一般的な和室は、隣接するリビングからホコリやチリといった汚れが入りやすいのですが、段差のおかげで、リビングのゴミの侵入が防がれるというメリットもあります。

 

小上がり和室のデメリット

バリアフリーに向かない

地べたに布団を敷くよりも段差のおかげで敷きやすいというメリットがある一方で、

「介護が必要になった時、小上がり和室を撤去した」という事も…。

お子さんが小さい間は、段差につまずいたり、落ちてしまったりすることもあるので注意が必要になります。

特に10センチの段差は大人もつまずきやすい高さなので、30~40センチがおすすめです。

 

いかがでしたか?

注文住宅を建てる際、気になる間取りもたくさんあると思いますが、ご家族の現在のライフスタイルだけでなく、将来のライフスタイルもしっかりと考えて間取りを考えていくことが大切です。

Feel+Homeではお客様の『想い』をしっかりと聞き、お客様に合った間取りやデザインのご提案をさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご相談ください♪

ご予約はコチラから⇨