打ち合わせで押さえておきたいポイント☆

  • HOME
  • ブログ
  • 打ち合わせで押さえておきたいポイント☆

理想の家を建てるには、打ち合わせって大事!!

摂津で新築・リフォームといえばFeel+Home(フィールホーム)♪

注文住宅を建てる際の打ち合わせの流れは、前回お話しました。

設計やデザイン等、家づくりと聞いてまずイメージする打ち合わせ以外にも、

無数のステップがあることが分かりますよね。

 

ただ、どの打ち合わせにも、叶えたい要望が軸になっていることが大切です。

最初にしっかり要望を伝えるためにも、打ち合わせで伝えるべき内容を

はっきりさせておきましょう。

 

押さえておきたいポイントは以下の通りです。

 

予算

希望は次々にでてくるものの、それを叶えるための予算が足りない、というのは

注文住宅づくりにおいてよくある悩みです。

プロの仕事は予算内で要望を叶えることですが、

どういったことでコストが下げられるのかを、こちらも把握しておくと

打ち合わせがスムーズに進みます。

 

では、どういったことでコストを削減できるのか、簡単な事例を紹介します。

 

壁を減らして空間を広めに取る(※木造だと大空間は難しいが、妥当な広さなら

材料費や施工費が浮く)

1階と2階の面積を同じにして、2階部分の構造をシンプルにする。

外壁の凸凹を減らし、構造をシンプルにする。

開口部を減らす。

収納を1箇所にまとめる。

床面積を抑え、庭を広くする。

壁を可動式の引き戸にする。

 

 

外観

幅広いデザインスタイルを請け負っている業者もいますが、

各業者とも、得意なスタイルを持っていることがほとんどです。

打ち合わせをする時は、業者の施工事例の中から、自分たちが

魅力に思う物件の具体的なイメージを共有し、それを土台に細かい要望を

盛り込んで行く、という流れで話をすすめるとスムーズです。

 

外観は特に見た目に分かりやすいですから、具体的な事例を出して

希望を伝える事を意識しましょう。

 

 

間取り

間取りについては、家族の間でしっかり意見を固めておきましょう。

 

多くの人が迷うのが、収納スペースの配置です。

必要となるタイミングやシチュエーションがまちまちなので、イメージしにくいようです。

打ち合わせの際は、プロの意見を参考にしつつも、使い手である自分たちが本当に使いやすい形を

模索していくことが重要となります。

 

住宅性能

注文住宅というと、オシャレさや独自性に注意が向いてしまいますが、

妥協なくこだわりたいのが、住宅性能です。

 

予算や設計との兼ね合いもありますから、早い段階から住宅性能についても

はっきりと希望を伝えておくことをおすすめします。

 

いかがですか?

注文住宅づくりは共同作業です。

物怖じせず、前のめりに自分たちの要望をぶつけていきましょう。

 

人生の大部分を過ごす住宅を、安くないお金をかけて建てるのですから、

人生で一番わがままになっても大丈夫です!!

 

 

Feel+Homeの無料家づくり相談会はこちら⇨

資料請求はこちら⇨