注文住宅 「屋上テラスのある家」

  • HOME
  • ブログ
  • 注文住宅 「屋上テラスのある家」

屋上テラスのある家のメリット・デメリットは?

 

摂津で新築・リフォームといえばFeel+Home(フィールホーム)

今日は、屋上テラスについてお話ししたいと思います。

屋上テラスで子どもと遊んだり、BBQしたり、楽しそうですよね♪

以前は、鉄筋コンクリート造りやRC造りにしか見られなかった屋上が、木造住宅でも可能となっています。

「ルーフバルコニー」とも言われますが、ルーフバルコニーは「階下の屋根部分がバルコニーになっているもの」ですから、

屋上以外にも使います。

今日はそんな「屋上テラスのメリット・デメリット」について見ていきましょう☆

 

 

屋上テラスのメリット

☆「プライベートな外部空間」としての活用

・屋上リビング・ダイニングとしての利用・・星を眺めながらパーティーやお酒を楽しむことができる

・屋上でキャンプ気分を味わえる・・テントを張って家族でBBQ♪

・家庭菜園やガーデニング・・庭がなくても屋上でミニ菜園や食育も!

・大きな洗濯物が干せる・・背の高い物干しを設置すれば、ベランダで干しにくいような大きな洗濯物も干せます。

・子どもやペットの遊び場・・屋上でプール遊びやペットとのくつろぎタイムに♪

☆眺望が良い

眺望の良さは、屋上の魅力の一つですよね。高いところから遠くを眺めると、ストレス発散&リフレッシュに最適♪

☆一部のメンテナンスが足場なしでできる

陸屋根は足場なしでメンテナンスできます。外壁は外壁塗装の寿命に合わせて、屋上は屋上塗装の寿命に合わせて

メンテナンスできるので、無駄なく維持管理できるのです。

 

屋上テラスのデメリット

☆陸屋根(ろくやね)になる

陸屋根とは、勾配のない水平な屋根のことです。勾配屋根と比べて、水がはけにくく、しっかりと防水しないと

雨漏りの原因になります。

☆一般的な屋根よりコストアップしやすい

屋上を作ると階段が増え、屋上に出るための部屋が必要になります。その分、一般的な屋根より

コストアップします。

☆メンテナンスに手間とコストがかかる

木造住宅でよく使われるFRP防水のおよそ10年。初期費用はは高くなりますが

メンテナンスフリーに近い防水工法もあるので、検討するといいでしょう。

☆雪の多い地域では、雪の重さに耐えられる強度と構造が必要

☆地域によっては、快適に過ごせる日が少ない

屋上で快適に過ごせるシーズンは、意外と短いものです。

暑さ寒さ・天気・台風・虫・花粉などが原因で、地域によっては1年の半分以上が使えない、、なんてことも?

 

 

いかがでしたか?

このように、第二のリビングとしても利用価値の高い屋上テラスですが、

様々なメリット・デメリットを考慮したうえで検討されることをお勧めいたします☆

 

家づくり相談会のご予約はコチラ⇒https://airrsv.net/feelhome2014/calendar

資料請求・お問い合わせはコチラ⇒https://www.ten-manage.co.jp/contact

 

 

 

 

 

Facebook
Instagram
LINE
blog