夏涼しくて冬暖かい家ってどんな家?

  • HOME
  • ブログ
  • 夏涼しくて冬暖かい家ってどんな家?

よく聞く「夏涼しくて冬暖かい家」

詳しく教えて!!

こんにちは!

摂津で新築・リフォームと言えばFeel+Home(フィールホーム)

日中は暑い日が増えてきましたね(;^_^A

長袖に薄い上着を着て登校した子どもたちも、帰りは半そで一枚で帰ってきます(笑)

 

さて今日は、「夏涼しくて、冬暖かい家」についてお話ししたいと思います。

このフレーズ、みなさん、1度は聞いたことありませんか?

一体どういうお家なのか、詳しく見ていきましょう!(^^)!

 

☆夏涼しくて冬暖かくするポイントは高気密高断熱

夏に涼しく、冬に温かい家にするには、高気密・高断熱であることが重要です。

・高気密

気密とは、室内と屋外との間にある隙間を減らすことです。

気密性が低いと、外の空気と中の空気が出入りしやすくなってしまいます。

それによって、夏は外からの多湿な空気が室内に入りこみ、室内のエアコンによる冷たい空気が外に出ていき

蒸し暑く感じます。

冬はその逆です。

気密性を向上させることで、わずかなエアコンのエネルギーで快適な温度で

生活できるでしょう。

暑さや寒さを緩和できるだけでなく、電気代の節約にもなるのです(*^^)v

・高断熱

断熱とは、文字通り熱を断つという意味です。

高気密の場合と同じく、室内の涼しさや温かさを外に逃がさず、

外からの空気の侵入も防げるため、快適な温度を保てるでしょう。

加えて、冬の代表的なトラブル「結露」も防げるので、家が長持ちする効果もあります☆

 

他には、建築予定地の風の動きを知ることも大事です。

当たり前ですが、家は1年中閉め切って生活するようなことはありません。

快適な気候となる春や秋には、やはり、自然の風を取り込みたいと考える方も多いですし、

ある程度風通しの良い住まいを求めるという方も多いのです。

上述した、高気密・高断熱と合わせて、こういった考えを持っておけば、

夏場の暑さも自然風で快適さを求めることができるはずです♪

 

 

いかがですか?

お家を建てられる際は、上記の事を参考にしてみて下さいね(*^^*)

 

家づくり相談会の予約はコチラ⇒https://airrsv.net/feelhome2014/calendar

資料請求・お問い合わせはコチラ⇒https://www.ten-manage.co.jp/contact

 

 

Facebook
Instagram
LINE
blog